非合法

ハーブとはいわれているものの、使っても捕まることはないのか、という疑問も出てきますよね。
ハーブといわれているものでも、購入をした後から規制によって非合法となることもあります。
規制されることで非合法となった成分が含まれているものは、譲渡や販売をすると違法になります。
今でいうと、第四世代と呼ばれるものよりも前のものについては、すぐに処分をしてしまいましょう。
薬事法違反になるようなものは、ハーブとして楽しめるものではないということになります。
非合法のドラッグではないからこそ、これはハーブと呼ばれているのです。

オススメのハーブについて

どれが一番のおすすめかということに対して、共通の答えを見つけることはできないといえます。
答えを得ることができたとしても、それは人によって異なるものでもあるからです。
お酒でも、焼酎やビールといった種類によって、人の好みが違ってくるものです。そのために、万人に共通の一番というものを決めることができないのです。
Continue reading

ハーブ・ドラッグの効能

ナチュラルハーブに関して、抜けが早いものや効果の強いものを他人に聞くことは得策ではありません。
他人の意見を聞くのは良いことでもありますが、そのときの体調や個人差や、耐性などによっても効果は変わってくるからです。
Continue reading

ドラッグについて

対応の法律が存在していないために、所持をすることや摂取、売買については禁止を受けていません。しかし、これが人体摂取のための目的での販売になると、薬事法違反になります。アダルトショップ、インターネットでは販売される際に、クリーナー、芳香剤、試薬、観賞用というように名目を変えて行われています。
Continue reading

分類

ドラッグと呼ばれるものは、化学構造、性質、形状という項目から分類が行われているものです。
ケミカルドラッグと呼ばれるものは、販売される際に試薬などの名目となっているものです。
Continue reading

アロマテラピーとは?

花や木など植物に由来する精油用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。 最近では、お香やフレグランス・キャンドルなども含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも含めて呼ぶ場合が多いようです。

日本においてのドラッグ

主に厚生労働省によっての取締りが行われています。また、地方自治体でも条例によってドラッグの取締りを行うことが可能であり、顕著なものとしては東京都の取締りがあります。地方自治体での条例による取締りでは、保健所や警察によって実施されます。
Continue reading